| main | 春の交通安全運転・事故防止 >>

山陽自動車道マイクロバス横転事故

5月8日
《事故内容》
広島県三原市の山陽自動車道上り線三原久井インター付近にて
「たばこを小物入れから取ろうとして、前をよく見ていなかった」鈴木容疑者が運転する大型トラックが
社員旅行で道後温泉に向かう途中の社員約20人が乗った中型バスに追突した。
このバスは横転して、乗っていた社員は反対車線まで飛び出す大規模事故が起こった。
乗っていた島根県江津市の釉薬(ゆうやく)製造販売会社
「堀江化工」社長の堀江さん(57)が死亡、20人が重軽傷を負った。

亡くなられた堀江さんのご冥福をお祈りします。

前方不注意により「渋滞中の列に突っ込む」「信号待ちで停車している所に突っ込む」といった従来多かった追突事故(オカマ)
とは違い、後続車に対する注意が疎かになりがちな渋滞していない高速道路で起きた事故。


※教訓※
〜ハンドルを握っている以上、走行場所を問わず常に車の周りの状況を確認して走行すべし〜

交通事故の後姿
paper-a * - * 22:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

日々起こる事故を 他人事と思わず、常に気を引き締めてハンドルを握ろう!!

一つ一つの事故を絶対に風化させてはならない!

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ