<< 飲酒運転根絶!ハンドルキーパー運動! | main | 春の全国交通安全運動が全国一斉に実施されます。 >>

大阪府警関西空港署でパトカーに給油中に火が・・・静電気で?


1月31日午後1時45分ごろ、
関西国際空港の人工島内にある大阪府警関西空港署駐車場の給油施設で、
同署の女性巡査部長(29)がパトカーにガソリンを入れていたところ給油口から出火撃沈した。

同署員や3台の消防車で約20分後に火を消し止めた。
この火災で・・・給油口を中心に後部の内外装や給油施設の一部を焼いた。

この火災の原因は・・・雷
周囲に火の気はなく、静電気除去シートなど静電気を除去する設備がなかったことから、
警察は、静電気雷がガソリンに引火したとみている。


静電気が原因というのは、珍しいケースらしいが・・・プシュー




最近では、
自分で車に燃料を補給することも多くなってきたので

セルフのガソリンスタンドで給油する時は、
必ず備え付けの静電気除去シートに触れるようにして下さい。イケテル




------------------------------------------------------------------
ちなみにおてんき
静電気は、プラス電気とマイナス電気が結合する時に発生する電気の放電。
この静電気が最も起きやすい環境は、真冬の乾燥した時期です。
------------------------------------------------------------------

paper-a * - * 19:54 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

日々起こる事故を 他人事と思わず、常に気を引き締めてハンドルを握ろう!!

一つ一つの事故を絶対に風化させてはならない!

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ